1台でも高画質ゲーム配信・実況、OBS録画もサクサクのBTOパソコン

YouTubeなどで高画質のゲーム配信を行うために必要な定番ソフトになっているOBSですが、高スペックのパソコンであれば、ゲームをしながらOBSで動画を撮影するというのはもちろんできますが、どれくらいのスペックが必要なの?という質問がかなり増えています。

ゲーミングパソコンでゲームプレイも配信も1台で行なうということは、ゲームのプレイ中にOBSを動かし続ける必要がありますので、CPUやグラボの性能が低いとゲーム、動画がカクカク動き、ゲーム中にもストレスが溜まりますし、配信してもかっこ悪くなってしまいます。

そこで今回はOBSのおすすめ設定と、おすすめのOBSもサクサク動き、高画質でゲーム配信ができるBTOパソコンとおすすめカスタマイズを紹介したいと思います。

ゲーム配信・実況用のパソコンはこう選ぼう!

ゲーム実況やゲーム配信を1台でも高画質で行えるBTOパソコンの条件は、GPU(グラボ)とCPUの性能がゲームプレイとゲーム配信の同時作業に耐えられるかどうかです。

そのため、その必要なパソコンの性能条件がどのような条件なのかを正しく知り、配信できる環境について知っておくと、パソコン選びで失敗しません。

ゲーム配信するときのOBSのおすすめ設定

YouTubeなどで高画質でコマ落ちの少ないゲーム配信をしたいなら、映像の設定は解像度、フレームレート、フィルターは下記のような設定にするのがおすすめです。

項目おすすめの設定
解像度1920×1080
フレームレート(FPS共通知)60fps
縮小フィルタランチョス

GPU(グラボ)の性能によってはフィルターよりも、フレームレートに制限をかけたほうが負荷は圧倒的に減りますが、高画質ではなくなったり、コマ落ちも増えるので、このへんは自分のパソコンとのスペックと相談ですね。

画質が下がると余計にフレームレートを出そうとするので、GPUの負荷が高くなってしまいます。

項目詳細
ビットレート8000Kbps
キーフレーム2
プリセットMax Quality
プロファイルhigh
Look-aheadオフ

ゲーム配信するときのOBSのエンコーダの設定は、出力モードを「詳細」にしてビットレートを8000Kbps、キーフレームは「2」、プリセットは「Max Quality」、プロファイルは「high」に設定するのがおすすめ。

ネット環境によってはビットレートを落とすとカクつきは少なくなります。

また「Look-ahead」はオフにしておかないとFPS/TPSやアクション、レーシング系のゲームはコマ落ちが起きやすいので注意してください。

あまり画面が激しくないジャンルや配信者のバストショットなども同時に表示する場合は、「Look-ahead」はオンでもOKです。

どちらにしても「Look-ahead」は負荷が重くなるので、動画のクオリティを見ながらオフにしても良いと思います。

Windows10のゲームモードはオフにしよう

Windows10に搭載されているゲームモードですが、当初からベンチマークスコアも変わらないと言われていましたが、OBSでも特に意味のない機能になっています。

ゲームモードはパソコンのバックグラウンド処理の優先度を下げてしまうため、OBSでゲーム配信もする場合は、必ずゲームモードをオフにしておきましょう。

GeForce RTXシリーズとOBSは相性が良い

配信者がBTOパソコンを選ぶときはGPU性能がとても大切になります。

OBSバージョン“23.0.0”以降からGeForce RTXシリーズ、GTXシリーズ向けの最適化が行われているので、ゲーム配信をしたい人がBTOパソコンを選ぶときはGeForce RTXシリーズ、GTXシリーズから予算にあったものを選んだり、カスタマイズしていきましょう。

CPUをケチると紙芝居のような配信になっちゃう

またGPUだけではなく、データを処理するCPUもこだわったほうが良いです。

ヘタにCore i5-9600K相当+α程度のBTOパソコンだと、ゲームはストレスなくできても、配信となるとほぼ紙芝居状態となってしまうってことも起きてしまいます。

現行のCPUならCore i9-9900KかRyzen 7 2700Xなどが候補に上がってきます。

また、メモリに関してですが配信についてはそこまで重要ではないので8GB以上、16GBあれば十分です。

ゲーム実況するならガレリアAXFがコスパ最強

ゲーム配信・実況でも高画質を実現する必要なパソコンの性能条件でコスパの良いおすすめのBTOパソコンはドスパラのガレリアAXFです。

ガレリアAXFはゲームプレイと動画撮影を同時に処理するために必要なCPUにRyzen 7 3700XというCore i9 9900K以上の性能のCPUを積んでいます。

正直、Core i7以上あれば十分かもしれませんが、今後のクラウドゲーム、Steamで配信される高スペックゲームのことを考えるとCPUは高めのものを用意しておくほうが良いです。

またゲーム実況に欠かせないGPUも「Geforce RTX 2070 SUPER」というOBSに最適化されているGeForce RTXシリーズのため、高画質でゲーム実況をしたい人には十分な内容になっています。

ガレリアAXFに関してはカスタマイズは特に必要ないですが、他のメーカーのパソコンがほしいという場合は、CPU、GPUを重視した構成にして購入すると、ゲーム配信でもストレスのないパソコンを手に入れることができます。