自動調理鍋EL-KA23を主夫がリアル口コミレビュー!男でも失敗しないレシピが便利だった

テレワークをきっかけに家で過ごす時間が増えたので、「たまにはご飯でも作ってよ」と妻に言われるようになったのですが、正直料理はかなり苦手でギリギリご飯が炊けるくらい。

そこで前から気になっていた、材料を切って鍋に投入するだけで本格的な料理が作れる、自動調理鍋を購入することにしました!

様々なメーカーからそれぞれ特徴のある自動調理鍋が発売されているので、どれを購入するかすごく迷ったのですが、我が家では2021年10月に発売された象印のEL-KA23に決定。

材料と調味料を入れてスイッチを1つ押すだけで、料理初心者の私でもすごく美味しいご飯が作れちゃいました。しかも自動調理だから失敗もなくて安心。ほんと、なんで今まで持ってなかったんだろうってレベルで、私も妻も感動しています。

記事では、購入の決め手になったポイント、他メーカーとの違い、使いやすさや味は?といった点についても記事で紹介していきます。

目次

EL-KA23は簡単・焦げない・時短、つまりテレワークの味方

象印自動調理鍋EL-KA23の1番のポイントは、なんといっても材料と調味料を入れてスイッチを押すだけで調理ができること。これ、料理に慣れてない主夫にとってはすごくありがたいんです。

例えばカレーを作るのにも、圧力鍋だったら具材を加熱したあとに蓋を開けてルーを投入したりと、調理の間で手間を加える必要があるんですが、この自動調理鍋EL-KA23は最初にセットしたらあとはほったらかすだけで、おいしい料理が簡単にできちゃいます。

さらにEL-KA23では自動調理以外にも、ジップロックに材料を入れてスイッチを押すだけのパック調理、無水料理、温度調理もできます。

料理中に火加減を見る必要もないので、料理ができるまでの間に、仕事や他の家事を済ませることができるから、かなり時間を有効活用できてます。特に我が家にはまだ年齢の小さい子供がいるので、子供がぐずっても料理を中断しなくていいので助かっています。

EL-KA23なら男でも料理で失敗なし

たまに料理しようと思っても、普段から作り慣れてないと、調理器具は何が必要でどこにあるのか分からなかったり、最初はまず何をすればいいか?など、作る前から心が折れるんですよね。

料理中も心配だから調理している前から一歩も動けなくて、それでも焦がしたり、火が通ってなかったりと、レシピ通りに作っているはずなのに、上手くいかないことも多かったんです。

でも象印のEL-KA23なら、材料を切ってレシピに書いてある調味料を入れるとあとは自動で調理してくれるので、料理初心者の私でも失敗せずにおいしく作れています。

調理器具も自動調理鍋だけあればいいので、料理へのハードルがグッと下がって楽しんで取り組めるようにもなりました。

しかもこんなに簡単なのに、どれもすごく美味しいんです。急に料理の腕前が上がったような気分になって、新しい料理へもどんどん挑戦したくなっちゃいます!

朝セット→帰宅時間に出来上がりという予約もできる

象印のEL-KA23には予約機能があって、これがすごく便利で使えるんです。

朝に材料を切って自動調理鍋に入れて予約しておくと、帰る頃にはすでに料理が完成しているので、帰宅後すぐにできたての晩御飯が食べられます。

これには私も妻も大満足!仕事が忙しかったり、帰りが遅くなる場合でも、朝にセットさえしておけば、晩御飯の心配をしなくて済みます。帰ってきてからご飯に取り掛からなくていいのって、精神的に本当に楽なんですよ。

口コミでも、この予約機能はかなり便利という人が多いみたいです。

予約調理で外食の回数が減って、お財布の節約にも大貢献してくれました。

仕事から帰ってきても、出来立てが一品!これってほんと素晴らしい!

予約をスタートさせるとすぐに加熱調理がはじまりますが、これはお肉などを入れて腐らないようにするためで、一旦調理して腐らない温度まで下げてから、設定した時間に合わせて再び温度があがる仕組みです。

予約調理は最大12時間先まで指定ができるので、我が家では週末になると夜に材料をセットして、翌朝に手の凝った朝ごはんを食べるのにハマっています。朝から豪華なご飯が並ぶと、1日幸せな気分になれますよ。

EL-KA23を使ってみてどれくらい時短に繋がった?

電気調理鍋は、圧力調理とそうでないものがあるのですが、このEL-KA23は実は圧力鍋ではないんです。

圧力鍋に比べると調理時間はどうしても長くなるのですが、予約調理ができるので、外出前や仕事・家事の合間にささっとセットすれば、調理時間の長さは全く問題に感じませんでした。

また圧力鍋も調理する時間は短いのですが、その後取り出せる状態になるまで20〜30分ほど放置する必要があるので、トータルの調理時間はそこまで変わらないと思います。

口コミでも、ほったらかしで調理できるのが1番の時短になっているというものが多いみたいですね。

・放っていてもできてしまう楽さ!しらごしらえの必要なメニューもありますが、1から全部することを思うと格段の楽さ、なのに味は変わらない、これを使わずにはいられません!

・ガスを使って調理すると、煮込んでいる間、鍋から離れられなかったです。これだとボタンを押したら別のことができるので、時間に余裕ができました。

さらに自動調理鍋EL-KA23には、自動調理の他にも象印独自のパック調理機能があり、2品を同時に調理できるので、個人的にはこれもかなり時短に繋がっている気がします。

パック調理機能は、市販のジッパー付き食品用保存袋を使って湯煎で調理する方法なのですが、保存袋が浮いてこないように、焦げないように固定する専用器具が付属しているので、食材を袋に入れて鍋にセットしてスイッチを押すだけでなんです。

魚の煮付け、さばの味噌煮、などの魚料理も、これで簡単に作れてしまいます。

カレーは25分→スイッチ入れるだけ

実際にEL-KA23でカレーを作った場合に、どんな手順でどのくらい時間がかかるのか検証してみました。

①材料をカットし、調味料と一緒に全て自動調理鍋に入れます。

②「コース」キーを押して、【カレー/シチュー】を選択します。*この時、カレー/シチューのコースは最初からディスプレイに表示されているので、レシピ番号を調べる必要がなくて使いやすいです!

③最後にスイッチを押したら、あとは出来上がりを待つだけ

カレーだと、大体25分で調理が完了します。また調理中は安心して他のことができるので、待ち時間が有効に使えるのもいいですね。

カレーって時間をかけて煮込まないとおいしくならないと思っていたんですけど、これだとたった25分でコクのあるおいしいカレーができちゃいます。

自動調理鍋EL-KA23はガス代の節約にも繋がる

象印自動調理鍋EL-KA23の気になる電気代についてもまとめてみました。

EL-KA23の消費電力は900Wなので、新電力料金目安単位を27円/kWhとすると、1時間あたり約24.3円になります。

先ほどのカレーを作る場合は、25分かかるので約12.2円くらいですね。

ちなみに保温中は40Wなので、1時間あたり1円くらいです。

1時間あたりの料金はガス代と電気代であまり変わりませんが、ガスで普通にカレーを調理すると、具材を煮込むのに20分、カレールーを溶いてからも30分ほどコトコト煮込むので、自動調理鍋を使った方が調理時間が圧倒的に短くて済むので、ガス代も節約できますね。

象印STAN. EL-KA23でどんな料理が作れる?

象印STAN. EL-KA23で作れる料理は、レシピブックとWEB合わせて、約100種類あります。

料理のジャンルも、和食、洋食、お粥、さらにはお菓子まで幅広いので、飽きることもなく、これだけで一週間の食事レパートリーがまかなえて、すごく助かっています。

WEBレシピは随時更新されていて、メーカーのHPにいくと季節にあったレシピ特集もされているので、あまり料理の知識がなくても、季節を感じられる料理が作れてしまいます。

EL-KA23はレシピ付き!パスタ・麻婆豆腐・煮卵・サラダチキンもできる!

EL-KA23のレシピには、材料、調味料、作り方が丁寧に記載されているので、レシピ通りにすれば、失敗することなく色々なジャンルの料理が作れます。

私の好きなおすすめレシピは、パック調理機能で作る「たらの煮付け」と「れんこんのきんぴら」の組み合わせです。

魚の煮付けって、焦付きや煮崩れなどの失敗が起こりやすくて苦手だったのですが、これだと煮崩れもしなくて、味もしっかり染み込んで簡単に美味しくできるんです。

さらに、この組み合わせだと同じくらいの調理温度のメニューなので、2品同時に作れて、一気に品数を増やせます。

自動調理鍋EL-KA23は内鍋がホーロー♪洗いやすいのも嬉しいポイント

自動調理鍋EL-KA23の購入の決め手にもなったのが、洗いやすくてお手入れが簡単なところなんです。

実は、同じ電気調理鍋のシャープのヘルシオホットクックと結構迷っていたのですが、ホットクックにはまぜ技ユニットというのがあって、象印のEL-KA23と比べて部品点数が多く、少し洗いにくい感じがしました。

象印のEL-KA23は洗うパーツは、内蓋、ホーロー鍋、つゆ受けのたった3点で、構造がとてもシンプルだから、分解や組み立てもしやすくて、妻も使いやすそうです。

値段も3万円ほどの価格差があったので、同じような機能であれば、象印のEL-KA23の方がコスパがいいなとも思いました!

さらに、内釜がホーローなので、取り外して直火にかけられるところも購入の決め手になりました。残った食材を鍋ごと冷蔵庫へ保存したときに翌日ガスで直接温めることができるのは、使ってみると結構便利ですよ!

まとめ

自動調理鍋EL-KA23の口コミや購入ポイントについてまとめてきました。

象印の自動調理鍋の特徴は、材料を入れてスイッチ1つで料理が完成してしまう、ほったらかし料理でしたね。

料理初心者の私でも、手の込んだように見える料理が簡単に作れて、失敗もしないので、安心して家族に料理を出すことができるのが嬉しいです。

今後は、レシピに載っている新しいジャンルの料理にも、どんどん挑戦していこうと思います!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる